読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松岡さんの素敵になりたい。

素敵な自分になるために、素敵なパートナーを見つけるために、いろいろ努力したりしなかったりを記したりします。

【脱毛】すね脱毛1回目体験記

脱毛 美容・健康

 

※この記事は11月13日に途中までリアルタイムで書きました。 今日とか言ってますが過去です。脚の写真あります。もしかしたらご覚悟を。

 

 

 

こんにちは、松岡さんです。

 

今日はすね脱毛1回目ですね。知らないですか、そうですか。

 

先月ひげの脱毛に行きまして、悶絶しましたが今日は足です。また悶絶することになるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ということで、昨晩家で剃ってきました。

 

人によっては覚悟して。

 

 

 

 

f:id:matuokasan:20161120011744j:plain

 

もとはこんなです。そんなに濃くはないけど綺麗ではないですね。汚いですね。きもいですねごめんなさい生まれてきてごめんなさい。嘘です。

 

ひげの脱毛の際は勘違いして剃らずに行ったのですが、今回は剃ってこいと言われたためちゃんとします。ちゃんとできます、大人だもの。

 

とは言え脛を剃ることなど人生はじめての経験、僕の武器は普段髭を剃るのに使用しているT字の剃刀だけ。

 

ボディーソープで滑りをよくして颯爽と取りかかるが長い毛を剃るのに適してるはずもなく詰まってすぐ剃れなくなる。

少し剃っては詰まった毛を取り除きまた少し剃る。

格闘すること1時間…

 

こうなりました。

 

 

f:id:matuokasan:20161120011514j:plain

 

 

そうして意気揚々とリゼクリニックへ向かいました。

 

父親と広島まで行ったのですが、せっかくなので中学生以来久しぶりに平和公園周辺を歩きました。

 

修学旅行時期だったのでしょうか、人が多かったですね。

 

そういえば観光地だったなと。きれいでした。

f:id:matuokasan:20161120012056j:plain

 

 

 

施工の様子

 

ということで受付に向かい診察券を渡します。

 

前回、手続等は終えているので待合室で少し待ってすぐに施術室へ

前回と同じ男の先生でした。

 

ズボンを脱ぎ、腰巻をします。

 

前回の照射部位大丈夫でしたか~ 

            あっはい、抜けてくるのが気持ちよかったです

毛穴に負担になるので抜かずに抜けるの待ってくださいね~

            あっ、、ごめんなさい

 

みたいな会話をしながらどうやら僕の剃り方では不十分だったらしく電動シェーバーで剃毛されます。

 

そして、前回同様赤い水性ペンであたりをつけ照射開始。

 

f:id:matuokasan:20161120012236j:plain

 

写真撮っていただきました。こんな感じで書かれます。されるがままです。

シェーバーで剃ってすぐなので少ししみます。

 

今回は前回と違い広範囲を照射できる機械を使用するようです。

 

太もも付近から照射されます。ひげと違って全然痛くない!あったかいだけじゃん!

 

っと安心したのもつかの間、照射位置が下がっていき毛が濃くなるにつれ少しずつ痛くなります。

 

まっまだひげと比べれば…とひたすらたえます。

 

外側から順に少しずつ内側へ照射していき、「ハイ右足は終わりましたー次左行きますねー」っと言われまた同じ痛みが繰り返されます。

 

「ハイ左足も終わりましたよー」

 

っと言われふーっとなった瞬間

 

「じゃあ次裏側やるのでうつぶせになってくださいね」

 

まだ半分だったのか...

 

裏側は思ったよりも痛くなく、何とか終了。

 

冷たいタオルで水性ペンの跡を消される。これが気持ちがいい。

 

赤みも少ないので、っと何も塗られることなく施術が終了した。

 

 

ふっひげのつらさを経験した僕の敵ではなかったな。

 

受付のお姉さんにどうでしたかーっと聞かれ

 

「めげそうです!」っと答えた僕は

 

颯爽と父親のもとへ帰るのであった。     つづく

 

 

 

 

次回は8週間期間を開けての照射になります。

 

今後毛が抜けてきてどうなっていくかの経過はまた別記事でまとめようと思います。

 

それでは、お疲れさまでした。おやすみなさい。

 

 

広告を非表示にする